世界を結ぶサポート (SOIS)

2001年に英国の助産師になって、NHSで働きはじめましたが、その頃は他の日本人助産師を知りませんでした。2014年にセントメアリーズで働くじゅんこさんと出会った時、感動しすごくうれしかったこと、今でも忘れられません。2人で何度か会い、在英日本人の妊産婦さんとママたちのサポートをしたいという気持ちは一緒で、「何か出来たらいいね」と話していました。

そして、日本の助産師の直子さん、ドゥーラの章鼓さんと繋がり、「英国で活動するお産と育児関係専門職の集まり」が出来て、毎月1回直子さん宅で、勉強会、交流会が始まりました。メンバーも増え、J-Homeでの助産師相談も始まり、会が盛り上がって来た時に、直子さんがスペインに移住されることになって、最初はスカイプで繋がっていましたが、今度は章鼓さんがフランスにお引っ越し、そしてお産のお鍋への呼びかけで、スペインのドゥーラ裕美子さん、オランダで産褥ケアをされている久美さん、フランスでペリネケアを教えていらっしゃる由紀さんと、英国外のメンバーも加わり直子さんの提案でZOOM MEETINGに切り替わりました。

ここで、会の名前が「英国で活動するお産と育児関係専門職の集まり」から「世界を結ぶお産と育児サポート」SOISに変わりました。定例会会場に出かけて行かなくても、自宅(または出先から)で世界中の仲間と繋がり、勉強会、意見交換が出来るのは画期的、テクノロジーの発達はすばらしい。(それでも、たまにはみんなで会って、美味しいものを食べながら、くだらない話もしたいねーと思ってます)

現在は、英国、スペイン、フランス、オランダ、モロッコ、タイ、カナダ、日本から、助産師、ドゥーラ、臨床心理士、産科カウンセラー、ヒプノバ―スセラピスト、学生などがメンバーとして参加しています。

みんなが海外で自分の出来ることをしている、それに影響されて、これからやりたいという人たちを励まし、一緒に学んでいく、それがもともとのSOISの目的でもあります。

私たちはお互いの知識や交流を深めながら、海外でお産する日本人の妊産婦さん、ママたちを応援出来たらいいなあという想いで繋がり、活動しています。一人の力は小さくても、みんなが集まったら、大きな原動力になる!と信じています。私自身もSOISに助けられ、学ばせてもらって感謝していると同時に、SOISをとても誇りに思っています。

これからも、みんなでSOISを盛り上げていきましょう。

 

*SOISに関するお問い合わせはこちらから*